123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
FAVORITE
【ついぴく】
Blogpeople
うさゴヤ
さくらさくら
Twitter
MOBILE
qrcode
OTHERS

ちちやすあんてな

でんぱ発信でんぱ受信
好きなもの好きなこと脈絡なく書くよ〜!
おもな取扱ジャンル→特撮、玩具、甘味、新潟、ダイビング
<< Locke El Superman de las Galaxias | main | ゲゲにょ最終週か… >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


- | - | -
イイカゲンな読書記録
評価:
愛川 晶
文藝春秋
¥ 740
(2008-05-09)
コメント:帯に「必ず読み返したくなるミステリー」などとあったので、「ジャケ買い」ならぬ「帯買い」。たしかに最後まで読んで「あれ、どうだったっけ?」とページを繰りたくはなるけれど、それは単にトリックを確認したいだけであって、再読性に優れているということではないと思います。活字(テキスト)ならではの離れ業を見せてもらったけれど、物語のダイナミズムというか、読者が感情移入すべき人物も展開も存在しない感じで、モヤモヤした気持ちの残る読後感。
Amazonおすすめ度:
読み返し?
不快・・
必ず読み返すミステリー

評価:
荒木 源
小学館
¥ 600
(2010-02-05)
コメント:これも「ジャケ買い」しましたが、読後にたしかな満足がありました。気持ちに余裕が出来ることによって、良い方向へ主人公の人生が舵を切ってゆくさまが爽快で、ぐいぐい読ませます。兼業主婦には色々と身につまされることが多くて、こんなスーパー主夫がおうちに居てくれたらなー、とタメイキをつきたくなるよなファンタジー。現代風刺とか(私には)どうでもよく、ただ、サムライの筋の通った生き方に感嘆するばかり。
Amazonおすすめ度:
面白かった〜
実はイラストに魅かれて読みました
軽く読むのにはいい

評価:
荒木 源
小学館
¥ 580
(2010-08-05)
コメント:あの後どーやって「続き」を書くのかと思ったら、こう来たか! と、膝を打ちました。ネタバレにならない感想はとてもむつかしいですけれども、今回は「知らない世界」を探訪して主人公が成長するという、RPG的な面白さがありました。この調子なら3巻も出るのかな? 出るなら読みます。
Amazonおすすめ度:
映画みてません
筋書きの面白さは古今を問わず
事実と史実と真実

---
 せっかく登録した「ブクログ」を使えばいいのかもですが、まあいいや。

 休日や空き時間、通勤時間に淡々と、積み本や本棚の未読本、さらには新しく買った本を読む日々。気持ちがしんどい時期には読書からも遠ざかって居たので、そういうことの出来る喜びをしみじみと味わっていますよ。

comments(1) | trackbacks(0) | 読書
スポンサーサイト

- | - | -
コメント
この間ふと上條淳士のことを思い出してググッたら
出てきたのが
「ちょんまげぷりん」でしたよ。
| ウニ | 2010/09/16 6:27 PM |









http://babyblue.jugem.cc/trackback/1105
トラックバック