123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
FAVORITE
【ついぴく】
Blogpeople
うさゴヤ
さくらさくら
Twitter
MOBILE
qrcode
OTHERS

ちちやすあんてな

でんぱ発信でんぱ受信
好きなもの好きなこと脈絡なく書くよ〜!
おもな取扱ジャンル→特撮、玩具、甘味、新潟、ダイビング
<< 第11回「かえるてん」@高円寺たまごの工房 | main | ネスパス新潟に行ってきたよ! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


- | - | -
観魚室(うをのぞき)
 どのカテゴリに入れようか迷う記事です。「手拭」カテゴリそのうち作るかな、けど、いくつかの分野にまたがった話題はやっぱり迷うんですよね。とりあえず海洋カテゴリに入れておいて、しっくりこなければ、または気が向いたら別室に移せばいいや、ということで。

 さて、タイトルの「観魚室(うをのぞき)」。お魚や水族館そこそこ好きではありますけれども不勉強ゆえ、この言葉を初めて知りました。
梨園染さんの商品説明より。
海の中でも陸上と同じように様々な生物の生活が営まれています。日本初の水族館は、明治15年上野動物園の観魚室(うおのぞき)。覗くか覗かれるか、鯛に平目、蛸、亀、海馬に人魚。不思議な海の生物には予言の力もあると云います。

 魚やサメに混じってペンギンや人魚までも描かれています(←あ、またカテゴリ重複だなと気付く)。冒頭に海洋と書きましたがこのブログ的には(というか自分的には)重要度が高いと思われるので、やっぱ「人魚」カテゴリの記事にしときましょう。たぶんひと様には分類なんてどうでもいいと思われます、後で自分で検索するときの便利に(多少)いいかも知れぬ、その程度のことです。

 この手拭い、かなり気になるんですけども、さて、何処で購入しようかな。本家(製造元)、都内のお店、あちこちで通販もやってますが、なるべくなら見て触って布の風合いを確かめてから購入したい気持ちなので、いずれ、手に取れるお店に行くこととしておきます。

こっささん(月島)
角長さん(新潟県村上市)

 あ、こっささんも残り在庫2枚、角長さんはコメント欄に売り切れとか書いてあるな。行く前に確認必要と(メモメモ)。

comments(2) | trackbacks(0) | 人魚
スポンサーサイト

- | - | -
コメント
「うおのぞき」再度入荷したのですが、売れてしまいました(^^;
今度は、数枚仕入れておきすねm(_ _)m

水族館に手ぬぐいの水族館を提案しようと思い柄をチェックしたら30程ありました。
そのうちの10枚位を仕入れたのですが、現在アザラシと貝位しか在庫にありません。
売れるのは、うれしいのですが、なくなると寂しいです。でもずっとあっても困りものです(^^;
| 角長 | 2012/08/16 1:57 PM |
>角長さま
 どんどん仕入れてどんどん売ってくださいませ!

通販も考えたのですが、色や生地の風合いなど手にとってたしかめてみたい気持ちがありまして、
お邪魔したときに在庫があれば購入する感じでお願いしたいと思います。
| ちちやす | 2012/08/16 2:16 PM |









http://babyblue.jugem.cc/trackback/1174
トラックバック